Office access and opening times

英国大使館のバリアフリー情報と休館日をご案内します。

バリアフリー情報

英国外務省ならびに駐日英国大使館は、その施設やサービスが障害をお持ちの方々にとって使いやすいものであるよう努めており、可能な限り施設やサービスを利用しやすいものにしています。 しかし、警備、またはその他の制約の都合上、それが可能でない場合もあります。 そのような状況においては、 障害者の方々がサービスや施設を利用しやすくするための代替案を講じる努力をいたします。 障害者の方々をお助けするための詳細な対策を下記の通りご案内申し上げます。 この情報がお役に立ちますよう心より願っております。

駐日英国大使館には約180名の職員が勤務しており、24時間の警備も行っております。 何かお困りの際には職員が喜んでお手伝いをさせていただきますが、可能な限り48時間前にご連絡いただけると有り難く思います。

全般的な施設利用

  • 入り口: 大使館敷地内の建物はすべて入り口に階段が設けられています。 ただし、事務所棟は例外です。 新館事務所棟地下階へは広報部入り口から、新館事務所棟地上階、および本館事務所棟にはスロープを使いお入りいただけます。
  • 傾斜路:大使館には移動式の傾斜道が一つあります。 48時間前迄にご連絡いただければ、大使公邸ならびに敷地内の家の入り口に傾斜道を設置し、1階に入れるようにいたします。しかしながら現時点では、10番館、11番館の階段には傾斜道を設置することができません。
  • エレベーター:現在のところ、敷地内の建物にエレベーターは設置されていません。
  • トイレ:障害者の方の為のトイレは新館事務所棟に設置してあります。
  • 駐車場:特に障害者用の駐車場は設けていませんが、24時間前迄にご連絡いただければ手配できます。
  • 床:床の表面は平らで、木の床の場所と、カーペットが敷いてある場所があります。
  • 手すり:事務所棟へのスロープには手すりが設置されています。
  • ドア:警備上の理由でビザ、領事部の待合室への扉以外はすべて施錠されていますが、通行に際しましては職員がお手伝いさせていただきます。
  • 照明:敷地内外および建物内外には充分な照明がついています。
  • 緊急時・避難:大使館には非常事態の為の警報、拡声装置を備えています。 非常事態には障害者、来客者を誘導いたします。
  • 電話:必要に応じて事務所の配置を変更できます

視覚障害者のために

  • 点字:現在のところ、敷地内には点字による標識はございません。
  • 盲導犬:盲導犬と一緒に入館できます。

聴覚障害者のために

  • 補聴設備など聴覚障害者のための機器は設置されていません。
  • 手話:手話の資格を持った者はおりませんが、大使館の職員は皆紙とペンを使ってお手伝いできます。
  • 通訳:プロの通訳者はおりませんが、事前にご連絡いただければ、手配のため尽力します。
  • 聴導犬:聴導犬と一緒に入館できます。

連絡先

大使館を訪問したり、大使館のサービスを利用する必要があるのに、施設やサービスを利用しにくいと感じられた場合は、代替策を講じますので、カスタマー・サービス・チームまで、メール でご連絡ください。

2016年大使館休館日

  • 1月1日 (金)
  • 3月25日(金)
  • 3月28日(月)
  • 5月3日 (火)
  • 5月4日 (水)
  • 7月18日 (月)
  • 8月11日(木)
  • 9月19日 (月)
  • 10月10日 (月)
  • 12月23日(金)
  • 12月26日 (月)
  • 12月27日 (火)