政策文書

英国洋上風力産業政策

駐日英国大使館は2019年3月に英国政府が発表した洋上風力産業政策の日本語訳を作成いたしました。

お知らせ

英国洋上風力産業政策(単ページ)

このファイルは支援技術のユーザーには利用できない場合があります 異なるフォーマットを要求

この文書の点字版、音声版、その他のフォーマットをリクエストするには、enquiries@beis.gov.ukに、ご住所、お電話番号、文書のタイトル ("英国洋上風力産業政策(単ページ)").をお送り下さい。

英国洋上風力産業政策(見開き)

このファイルは支援技術のユーザーには利用できない場合があります 異なるフォーマットを要求

この文書の点字版、音声版、その他のフォーマットをリクエストするには、enquiries@beis.gov.ukに、ご住所、お電話番号、文書のタイトル ("英国洋上風力産業政策(見開き)").をお送り下さい。

Details

英国は洋上風力セクターにおいて世界をリードしています。本成長戦略は、洋上風力市場が世界で急拡大する中、英国の洋上風力サプライチェーンの生産性や競争力を向上させることを目的としています。研究開発や高付加価値製造業など英国の強みを生かした、自動化・データ分析・人工知能などの新技術の開発も本成長戦略に含まれます。

英国政府は洋上風力セクターの継続的な成長を確実なものにするため、最大5億5700万ポンド(約810億円)の予算を投じ、差額決済契約(CFD)入札を実施していきます。最大6GWの供給を目指すCFD入札が先月末に実施され、以降の入札は2年毎に行われる予定です。価格次第では、2030年までに30GWを供給することも可能になるでしょう。

また、実現に向け以下のような取り組みを導入していきます。

  • 2030年までに英国内部品調達率を60%まで引き上げ
  • 2030年までに洋上風力セクター従事者に占める女性の割合を3分の1以上に引き上げ
  • 洋上風力発電と電力網の統合を促進
  • 洋上風力発電成長パートナーシップ(OWGP: Offshore Wind Growth Partnership)設立のため、最大2億5000万ポンドの資金を投入
Published 7 March 2019