ニュース

Tier2ビザ: 海外犯罪経歴証明書の提出について

2017年4月より、UKVIは、教育、保健及び社会福祉の分野で就労予定のTier2ビザ申請者及びその配偶者に対しても、犯罪経歴証明書の提出要件を拡大することになります。

UKVI - overseas criminal record certificates

今回の提出要件拡大は、犯罪歴保持者が英国への入国を試みることに対する予防措置の強化が目的です。

標準職業分類(SOC)コードに定義される職業に就くTier2ビザ申請者及びその配偶者は、過去10年以内に12ヶ月以上継続して居住した国の犯罪経歴証明書の提出が必要となります。

新しい要件を採用候補者に知らせるのはスポンサーの責任であり、それを怠った場合は、ビザの却下につながる可能性があります。

影響のある対象者が犯罪経歴証明書を取得するための十分な時間を確保するため、この新しい要件を2017年4月以前には実施しないこととします。したがって、要件実施前にビザの申請をする方には影響いたしません。

2017年4月以降にビザの申請をする方への確実に認知していただくため、スポンサーの方々には、2017年1月以降にcertificate of sponsorshipを割り当てられた採用候補者に新しい要件を通知することをお勧めします。新しい要件の開始時期は、確定次第、英国内務省が発表します。

要件に関する詳しいガイダンスはこちらをご確認ください。

Published 23 2月 2017