ニュース

英国の3大学がNICTとサイバー研究で協力

This was published under the 2010 to 2015 Conservative and Liberal Democrat coalition government

このたびの覚書締結により、日英のサイバーセキュリティ研究協力が大きく前進しました。

UK universities sign agreement with NICT on cyber security research

2015年2月9日にCyber Security Academic Centres of Excellence(CSACE)に指定されている英国の3大学が日本の独立行政法人情報通信研究機構 (NICT)ネットワークセキュリティ研究所との覚書(MoU)に調印しました。インペリアル・カレッジ・ロンドン、クイーンズ・ユニバーシティ・ベルファスト、そしてランカスター大学の代表者が英国大使館にて催された調印式に参加しました。調印式の後、3大学の代表者と研究者がワークショップに参加し、共同研究の枠組みとテーマについて議論しました。

CSACEは英国政府通信本部(GCHQ)と工学・物理学研究評議会(EPSRC)によって共同で運用されている大学の認定制度であり、インペリアル・カレッジ・ロンドン、クイーンズ・ユニバーシティ・ベルファスト、そしてランカスター大学は計11の指定校の一部です。NICTと3大学のパートナーシップは、2014年に日本で行われたワークショップやNICTの英国訪問を含めた英国大使館の協力を通じ実現しました。

調印式に証人として出席された総務省の南政策統括官からは

今こそ、世界的に広がる新たな脅威に対して、さらに産官学が一体となった連携や国際的な連携を広げる時。特に我々はロンドンオリンピックの貴重な経験から学び、より優れたサイバーセキュリティ対策を開発していく必要があると考えている

という言葉をいただきました。また、ティム・ヒッチンズ駐日英国大使は

サイバー空間のあり方について価値観を共有している日本と英国は、今後も研究開発をはじめ、更なる連携と協力が両国にとって実りあるものとなる様、期待している

と述べました。

Published 10 2月 2015