ニュース

フィンテック推進に向けての日英協力

日英金融規制当局は、日英両国のフィンテック企業の相互市場参入や規制面でのベストプラクティスの共有を推進しています。

UK-Japan collaborate on FinTech promotion

2017年3月9日(木)、英国金融行動監視機構(FCA)と金融庁は、FCAイノベーション・ハブと金融庁FinTechサポートデスク間の規制面での協力とフィンテック企業の相互照会に向けた枠組み構築に向けた書簡交換を行いました。

この書簡はFCAの戦略・競争担当ディレクター、理事であるクリストファー・ウーラード氏と、金融庁審議官(国際担当)の白川俊介氏によって署名され、二国間の革新的な金融サービスの発展におけるベスト・プラクティスの共有及び、金融規制当局による日英フィンテック企業の相手国での適正な免許取得に向けての支援を提供するものです。

これまでに英国政府は、2015年12月と2017年1月の2回にわたり、英国フィンテック企業の貿易使節団を日本に派遣しました。合計22社に上る企業が参加し、拡大中である日本のフィンテック市場に強い関心を示しました。

また日本においても、外国市場への進出を視野に入れ活動しているフィンテック企業が増加してきています。

FCAのクリストファー・ウーラード氏は次のように述べました。

「私たちは消費者にとって恩恵のある金融サービスのイノベーションの奨励にコミットしています。今日の金融庁との交換書簡は画期的な新サービスや商品を提供する企業の日英両国への参入を阻む障壁をなくすことに寄与するでしょう。」

英国国際通商省、フィンテックセクター・スペシャリストのシャウル・デーヴィッド氏は次のように述べました。

「金融庁が締結するフィンテック推進協力の最初の相手が、英国FCAであることを光栄に思います。この合意は、両国の規制当局がフィンテック支援の重要性を認識していること、そして世界有数の金融市場を誇る日英間のビジネスの更なる可能性を示すものです。

過去2年、英国国際通商省は30社以上もの英国及び日本のフィンテック企業の日本及び英国進出のサポートをしてまいりました。今回のフィンテック推進協力締結を機に、更なる二国間におけるビジネスの拡大を期待します。」

Published 9 3月 2017