政策文書

第2回日英原子力年次対話 結果概要

第2回日英原子力年次対話が英国外務省(FCO)にて10月30日−31日に行われました。

This was published under the 2010 to 2015 Conservative and Liberal Democrat coalition government

お知らせ

Second annual UK-Japan nuclear dialogue

このファイルは支援技術のユーザーには利用できない場合があります 異なるフォーマットを要求

この文書の点字版、音声版、その他のフォーマットをリクエストするには、 webmaster@digital.fco.gov.uk に、ご住所、お電話番号、文書のタイトル ("Second annual UK-Japan nuclear dialogue").をお送り下さい。

Details

この年次対話の枠組みはキャメロン首相が2012年4月に来日した際に合意されたもので、日英両国が、あらゆる民生用原子力活動における二国間協力を強化するために行われています。本年の日英原子力年次対話はロビン・グライムズ英国外務省首席科学顧問および長谷川浩一日本国外務省欧州局審議官が共同議長を努めました。

年次対話では「廃炉と除染」、「原子力研究開発」、「原子力政策」、「原子力安全・規制」、「広報」の5つのテーマで議論が行われました。既存の強固な日英協力体制を再確認したと共に、さらに強化する為に原子力共同研究ファンドの設立や広報/コミュニケーション体制の経験や方針を共有することを合意しました。

詳細の共同発表文書(日本語)は日本外務省のサイトでご覧いただけます。

The UK - Japan nuclear dialogue
Published 5 11月 2013