ニュース

Educational Testing Service (ETS) について

This was published under the 2010 to 2015 Conservative and Liberal Democrat coalition government

英国内務省がETSと結んでいた取り決めは、4月5日に終了いたしました。

UK Visa

内務省のスポークスパーソンは以下のように述べています。

「英国内務省がETSと結んでいた取り決めは、終了し、延長はありません。テストを英国外で受け、すでに英国ビザを取得している学生の皆様の書類は有効です。

ETSテストを受け、4月6日前に申請した英国外の申請者には、通常通り申請手続きを行いますが、インタビューなどの追加予防措置が条件となります。

英国はビジネスに対してオープンで、誠実な学生はいつも歓迎します。」

内務省は、取り決め終了前のTOEIC, TOEFLの結果を受け入れますか?

現在英国で学んでいる、ETSを通して英国外で取得したTOEFL, TOEICの証明書を持っている学生は、通常どおり学業を続けられます。 ETSの語学証明を持っている申請者は、精査のため、UKVIによるインタビューを受ける必要があります。
ETSを通じてTOEFL, TOEICの証明書を取得している学生で、まだビザの申請をしていない学生は、申請前にGov.UKのウエブサイトを確認するか、情報、指示を得るために大学に連絡をしてください。

いくつかの大学はETSテストの結果をもう受け付けていません。影響の及ぶこれらの学生にどのような指示をすればよいでしょうか。

内務省とサプライヤーの契約が終了した2014年4月5日後に、TOEFL, TOEICの証明をETSから取得した方々は、UKビザの申請方法に関する情報についてを参照してください。

しかしながら、どのテストを受け付けるかは大学の決定によります。

Published 25 4月 2014